成蹊学園
成蹊学園サステナビリティ教育研究センターでは、2023年2月17日(金)に、オーロラと宇宙シンポジウム「日本に現れたオーロラの古記録から探る太陽活動」を開催します。国立極地研究所の片岡龍峰氏をお招きし、日本の古典籍に残るオーロラが鍵となる宇宙天気予報研究について紹介します。

成蹊学園の児童・生徒・学生・教職員のほか近隣にお住まいの方など、どなたでもご自由にご参加いただけます。ぜひご来場ください。

日 時:2023年 2月17 日(金)16:30〜17:30
場 所:成蹊学園本館大講堂
講 師:片岡龍峰(国立極地研究所准教授、成蹊学園サステナビリティ教育研究センター客員フェロー)
進 行:藤原均(成蹊大学理工学部教授、成蹊学園サステナビリティ教育研究センター所長)

*新型コロナウイルス感染拡大が懸念される場合、本館大講堂での開催を取り止め、Zoomによるオンライン開催といたします。ご参加前に、ウェブサイトをご確認ください。
https://www.seikei.ac.jp/gakuen/esd/news_topics/2023/14243.html